スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mid-Exam!

中高生諸君!!中間テストの時期がやってきましたね!
中学1年の子は初めての「改まった感じのテスト」に戸惑うのではないのでしょうか。
僕は確かそうでした....「えっ、いつもの普通のテストやのに、何でこんに勉強範囲とか決められるん?」
みたいなことを思いましたね。
しかし開けてビックリ玉手箱(....ん!?)、これはテスト勉強せな、なかなか厳しいなぁ、と....。

とにもかくにも、テスト勉強は大人への第一歩にもなり得るもの。みんな、この時期は頑張って!!

というわけで、今日は中学1年のみんなに、英語テスト前の心得を書きたいと思います。
ちょっと遅かったかな....でも参考までに。
他の学年のみんなも、復習がてらどうぞ。大人の皆様は....思い出しながらどうぞ(笑)。


~英語テストの心得~ 

1.英文の始まりは、必ず大文字で書くこと!もう、必ず!!

2.国名、地名(Japan、Chinaなど)、人名(Kenなど)、~先生、~さん(Mr、Ms)、私(I)、
 なんかも大文字から書くんやで~。

3.文の終わりはピリオド(.)を忘れず付ける!疑問文の終わりはクエスチョン(?)を忘れず付ける!
  これはかなり大事。しかもかなり付け忘れるので注意!!

4.コンマ(,)とピリオド(.)の区別は、はっきり頼むぜ!

5.字はキレイに書くこと!rがnに見えたり、UがVに見えたり....バツされたら、もったいないぞ!

6.単語と単語の間は、ある程度(約1文字分ほど)空ける!くっつけ過ぎると、不正解になることも。

7.簡単な問題こそ、見直しをしっかり!探せば見つかるスペルミス!!

....ざっくりですが、テスト中に注意することはこんな感じですね。


ではラストに、英単語勉強のコツ。

それはまず単語を「読む」こと!
もちろん書くことは大事ですが、ただ単語を書いているだけでは、なかなか覚えられません。
まず読んで、意味を理解して、それから書く!!英語は言語ですから、まずは口から慣れることが大事なんです。

あとは....僕の場合、少し長めの単語はわざとローマ字読みで覚えたりもしましたね。
もちろん、先に本来の英語読みを覚えるのは大前提ですよ。

例えば、"beautiful(美しい)"なんかは"ベアウティフル"、
"restaurant(レストラン)"なら"レスタウラント"みたいな感じ。

この方法が良いか悪いかはともかく....まぁ一例として!案外覚えやすかったりしますよ!
でも、ローマ字読みのクセが付いてしまって、本来の読みを忘れないようにだけ注意!
是非ひとつ、参考までに。


ん~、何か書き忘れとる感じもするけど、どうかな....。
でも、大事なことは書けたと思います。まとめると、「とにかく見直しは必ずしようぜ!」ですね。
それでは健闘を祈ります。

Be strong, go for it!!
スポンサーサイト

水曜ですね~。

How're you doing??

こんにちは!
毎日冷たい風がビュンビュン吹いてますが、みなさんいかがお過ごしですか?
ほんっと、春が待ち遠しいですね...ロンT1枚でも暖かいぐらいが理想ですなぁ。
「もうこのジャケット着とたら暑いわ~!」なんて。
そして心地良いそよ風に揺られながらコーヒーなんて飲んじゃって。
おや、ふと隣を見れば、タンポポもゆらゆらと春を楽しんでいるようです。

....Time has come, let's do this!

春の陽光を我が後光とし、スイッチ.フリップ.バックテール(S.S.K.F.B.S.T.S)をサラッとキメる!!
God daaaaaaaamn!!

....ん~、この春はこうありたいもんですね。
なんねそれ、っていうね。

つまりは今日は何が言いたいのかというと、
英語での一般的なあいさつ」いきましょう。
話が急展開ですね。コレが"Blood type AB"の真骨頂ですよ。
もう何が何やら....ですね。

では本題へ。
とりあえず、おはよう「Good Morning」、こんにちは「Good Afternoon」、こんばんは「Good evening」、
なんかの時間指定的なあいさつは置いといて、Anytime OKなやつのお話です。

まず、「こんにちは」、「やぁ」として「Hello」、「Hi」はフル活用ですね!

次に「How are you?」、「How do you do?」などの「お元気ですか?」のあいさつ。

....ココです!これらの表現は敬語としても使えますね。
特に「How are you?」は一般的に誰に対しても使える表現で、とても便利です。

ん~、でも「How do you do?」は、日々のあいさつとしてはかしこまりすぎな感じはしますね。
ちなみに「初めまして」という意味合いもあります。やっぱこれはちょっと硬いかな~!

ではここから、教科書にはあまり載ることのない他の言い回しもいくつかありますので、
紹介していきましょう。

まず「How are you doing?」もっとくだけて「How you doing?」。
あとは「How is it going?」ですね。
これらは一般的に使われるちょっとくだけたあいさつの表現です。

For example....
仲の良い同級生の友達に3ヶ月ぶりに会うとしましょう。
「Hello, how are you?」(こんにちは、元気にしてましたか?)
...気心知れた友達との会話って感じじゃないですよね。そこで!
「Hi, how's it going?」(やぁ、元気にしてた?)
こっちの方が自然ですよね!

答え方の一例としては、教科書にある「I'm fine thank you.」(元気です、ありがとう。)から
色々あげていくと、一般的に「I'm fine.」「I'm good.」「Pretty good.」などの「元気だよ」という表現や、
「I'm So-so.」や「Not bad.」などの「ぼちぼちだよ」という表現、そして
「I'm bad.」や「Not good.」や「Terrible!」などの「調子が悪いんだ」という表現など、様々。
まぁでも社交辞令として、「I'm fine!」が無難だと思います(笑)。
そんな大して返答を求められる質問じゃなく、あいさつですもんね。

こんな感じです。...えっ、これでもまだ表現が硬いですか?
この先はスラングになりますね。僕自身もまだ色々と勉強中であります!

さて、似た内容で「What's up?」ていう良く聞く表現ですね。
これは「元気?」ていう表現のくだけた言い方、つまり先ほど言いました、スラングです。
これは元をたどると「どうかした?」や「どうしてる?」という表現なんです。

普通に友達に会った時に言われた場合とかは特に返答を求められているわけではないので、
「What's up?」てそのまま返してしまってもいいと思います。
まぁ、「よう!」みたいな感じでしょうか。
答え方は特にこだわる必要はないですね。でも「I'm fine.」とかはあんまり合いませんかね。

しかし質問として聞かれたらきっちり答える必要があるんです。
例をあげると....
友達が険しい顔付きで何やら独り言を言っている。
そこで自分が聞く。「Hey, what's up?」(おい、どうした?)で、返ってきたのは
「I'm just thinking....Get out!」(なんでもないよ....出てってくれ!)
またもや変な例文失礼。つまり返答を求められた時はちゃんと答えるってことが「What's up?」の
使い分けのポイントなんですね。
あと、聞かれても特に何も無いときは「Not much.」(何も無いよ)とかでもOKです。

これらの表現をどんどん使っていきましょう!!
毎日使えるような表現ですので、是非活用してみて下さい。
使っていたら慣れてきて、英語がカッコ良く話せるはずです。
学生さんは、試しに先生に言ってみるとかどうでしょう。
...ッ、やるな...!!」って思われるかも!!

今日はこんな感じで簡単な一言あいさつを紹介していきました。
読んで下さったみなさん、長々お付き合いありがとうございました!

では僕はこれから昼食を食べることにします。
今日の昼食は「イカゲソフライ&イカゲソ天弁当」ですね。
まさに至福のイカづくしですね。

そーいや、イカリングとか頼んだら2つぐらい入ってくるあのイカの端っこの部分....
「エンペラ」て言うんですよ。皇帝ですね!カッコいい!!!
昔、某カレー屋さんでバイトしている時に聞きました。
....え、だからどうした??ですよ....ね。

すいません、それではまた次の機会に!!
チャオ~~!

たまには....ね!

たまにはこんなんどうですか??
自分なりの解釈なんですけど、興味のある方は是非お試しアレ!

英文をスラスラ読む方法....なんかソレっぽいでしょう??

例)This is an apple.

ハイ、「これはリンゴです。」の文ですね。
「ディス イズ アン アップル」です。
これをはっきり早口で言った時、文字の切れ目が言いづらいハズです。
「アンアップル」なんて早口で言い続けてたら、アゴをいわしそうです....。

実はココに秘密がアリ!
日本での英語の発音の一般は、「母音もはっきり言ってしまう」ことなんです。
(ちなみに母音字とは基本的に「A.I.U.E.O」(あいうえお)の5つです。)
例えば上の文の「is」とか、読むときに自然と「izu」とローマ字変換してしまうんです。
極端に、「skateboard」なら「sukeitoboudo」みたいな感じですね。
これらは「カタカナ読み」が影響しているんですね。

もちろん逆に、英語圏の人達はカタカナ読みが苦手ですよね。
流暢に日本語を話す英語圏の人は、語尾の母音の発音に慣れているんです。

英文でおおまかに発音の仕方の違いを比べると、

例) 私は学生です。
English: I am a student.
Japanese: I amu a studento.

例) 彼は私の友達です。
English: He is a friend of mine.
Japanese: He isu a friendo ofu mine.

おわかりでしょうか??
子音字(A.I.U.E.O以外)の後ろに本来発音するべきでない母音を入れてしまっています。

つまり上手に発音するコツとは、「語尾の母音を強調しない」ことだと僕は考えます。
(「th」は舌を噛むとか、「ir」は舌を巻くとか細かい点ももちろんありますが。)

では話を一番最初の英文に戻しましょう!(リンゴのやつです。)
実は本当に言いたかったのはここから!
正直話が少しそれました。ご愛嬌ご愛嬌~~~つって。

先ほど言いました「語尾の母音を強調しないこと」を踏まえながら、
今度は「次の単語の最初の母音を利用する」ということなんです。
イマイチ分りませんよね....とりあえず、英文全体をくっつけちゃいましょう!

・ This is an apple. → Thisisanapple. → 「thisisanapple」

くっつけたやつをよく見て、切れ目がローマ字としてペアになるところを探しましょう。
(あくまで単語の切れ目なんで、appleのleとかは別ですよ~。 )

・ thisisanapple

「スィ」、「ザ」、「ナ」の3つがありましたね。
つまり何を言いたいかと言いますと、
切れ目がローマ字としてつながるところがローマ字通りに聞こえるように発音したら、
だいぶ早口でもスラスラと読めて、上手に聞こえるんです。
あくまでもローマ字通りに「聞こえるように」英語を発音するのが基本なので、
そのままカタカナ読みしないよう注意して下さい。

だから「ディス イズ アン アップル」の文は、アップルを英語発音で「アポー」として、
「ディスィポー」と聞こえます。極端ですか?いや、ほんまですって!!

こんなのはどうでしょう。

・ I bought an old umbrella. (私は古い傘を買いました。)

「アイ ボート アン オールド アンブレラ」ですね。
古い傘なんかわざわざ買うかい、つってね。それは言わんとって下さい。
アンティーク的な、アレですよ!....では法則通りにくっつけて、

・ iboughtanoldumbrella

「タ」、「ノ」、「ダ」の3つが切れ目でペアになりました。
だからこれは「アイボーンブレラ」に聞こえますね!聞こえ.....るんですよ!!

最後に特殊なやつをひとつ。切れ目が同じ字だと相殺されるパターン。

・ I don't know what to say. (何て言えばいいかわからないよ。)

「アイ ドント ノウ ワット トゥ セイ」ですね。
最後の「what to say」をくっつけてみましょう。
what to say → whattosay
おっと、tがふたつ連続で来ましたね。なら発音は「ワットゥトゥ...」
これだと発音がキマりませんね。重なるところをひとつにまとめて、
「ワットゥセイ」でOKです。

あと、普通「don't」とかの「't」なんかはほとんど発音として聞こえません。
つまりこの英文は、「アイドンノウワットゥセイ」でバッチC!!!

今日はこんな感じでそれっぽく書いてみました。
でも発音のコツとしては、かなりの近道だと思いますよ~!
特に「洋楽をクールに歌いたい!」なんて方にオススメ!
歌を聴きながら歌詞カードを追ってみたら、
「切れ目のローマ字」の意味が更に良くわかるハズです。

長々とお付き合い頂いた方、ありがとうございました。
「おい~、コレは違うやろ!?」みたいなご指摘、大歓迎です....日々精進あるのみ!
でもあんまり言われるとa.k.a"Tiny Mental"の僕が泣いてしまうかもしれないので、
お手柔らかにお願いします。

それではみなさん、また次回お会いしましょう。
あっ、ちなみに今店は僕一人なので、ちょっかいかけに来て下さい!
寂しいので....お待ちしておりまする。
おーっと、ケンジくんが来てくれました!!

それではキュルリーーーーン、アディオース!!!
About me....

Taito Morimoto

Author:Taito Morimoto
I'm a Japanese professional skateboarder.
I've been working at B7 East Shop since I graduated a university.
I hope you to enjoy my blog!!

My sponsors are....
B7 East Shop,
K&K Corporation (Toy Machine Skateboards),
Sonik Distribution (Emerica Shoes),
JM (Ninja Bearings),
Oakley Japan (Oakley Eyewear)

Latest article
Category
Search
Simple exam

-家庭教師-
My entrance
Blog counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。