スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには....ね!

たまにはこんなんどうですか??
自分なりの解釈なんですけど、興味のある方は是非お試しアレ!

英文をスラスラ読む方法....なんかソレっぽいでしょう??

例)This is an apple.

ハイ、「これはリンゴです。」の文ですね。
「ディス イズ アン アップル」です。
これをはっきり早口で言った時、文字の切れ目が言いづらいハズです。
「アンアップル」なんて早口で言い続けてたら、アゴをいわしそうです....。

実はココに秘密がアリ!
日本での英語の発音の一般は、「母音もはっきり言ってしまう」ことなんです。
(ちなみに母音字とは基本的に「A.I.U.E.O」(あいうえお)の5つです。)
例えば上の文の「is」とか、読むときに自然と「izu」とローマ字変換してしまうんです。
極端に、「skateboard」なら「sukeitoboudo」みたいな感じですね。
これらは「カタカナ読み」が影響しているんですね。

もちろん逆に、英語圏の人達はカタカナ読みが苦手ですよね。
流暢に日本語を話す英語圏の人は、語尾の母音の発音に慣れているんです。

英文でおおまかに発音の仕方の違いを比べると、

例) 私は学生です。
English: I am a student.
Japanese: I amu a studento.

例) 彼は私の友達です。
English: He is a friend of mine.
Japanese: He isu a friendo ofu mine.

おわかりでしょうか??
子音字(A.I.U.E.O以外)の後ろに本来発音するべきでない母音を入れてしまっています。

つまり上手に発音するコツとは、「語尾の母音を強調しない」ことだと僕は考えます。
(「th」は舌を噛むとか、「ir」は舌を巻くとか細かい点ももちろんありますが。)

では話を一番最初の英文に戻しましょう!(リンゴのやつです。)
実は本当に言いたかったのはここから!
正直話が少しそれました。ご愛嬌ご愛嬌~~~つって。

先ほど言いました「語尾の母音を強調しないこと」を踏まえながら、
今度は「次の単語の最初の母音を利用する」ということなんです。
イマイチ分りませんよね....とりあえず、英文全体をくっつけちゃいましょう!

・ This is an apple. → Thisisanapple. → 「thisisanapple」

くっつけたやつをよく見て、切れ目がローマ字としてペアになるところを探しましょう。
(あくまで単語の切れ目なんで、appleのleとかは別ですよ~。 )

・ thisisanapple

「スィ」、「ザ」、「ナ」の3つがありましたね。
つまり何を言いたいかと言いますと、
切れ目がローマ字としてつながるところがローマ字通りに聞こえるように発音したら、
だいぶ早口でもスラスラと読めて、上手に聞こえるんです。
あくまでもローマ字通りに「聞こえるように」英語を発音するのが基本なので、
そのままカタカナ読みしないよう注意して下さい。

だから「ディス イズ アン アップル」の文は、アップルを英語発音で「アポー」として、
「ディスィポー」と聞こえます。極端ですか?いや、ほんまですって!!

こんなのはどうでしょう。

・ I bought an old umbrella. (私は古い傘を買いました。)

「アイ ボート アン オールド アンブレラ」ですね。
古い傘なんかわざわざ買うかい、つってね。それは言わんとって下さい。
アンティーク的な、アレですよ!....では法則通りにくっつけて、

・ iboughtanoldumbrella

「タ」、「ノ」、「ダ」の3つが切れ目でペアになりました。
だからこれは「アイボーンブレラ」に聞こえますね!聞こえ.....るんですよ!!

最後に特殊なやつをひとつ。切れ目が同じ字だと相殺されるパターン。

・ I don't know what to say. (何て言えばいいかわからないよ。)

「アイ ドント ノウ ワット トゥ セイ」ですね。
最後の「what to say」をくっつけてみましょう。
what to say → whattosay
おっと、tがふたつ連続で来ましたね。なら発音は「ワットゥトゥ...」
これだと発音がキマりませんね。重なるところをひとつにまとめて、
「ワットゥセイ」でOKです。

あと、普通「don't」とかの「't」なんかはほとんど発音として聞こえません。
つまりこの英文は、「アイドンノウワットゥセイ」でバッチC!!!

今日はこんな感じでそれっぽく書いてみました。
でも発音のコツとしては、かなりの近道だと思いますよ~!
特に「洋楽をクールに歌いたい!」なんて方にオススメ!
歌を聴きながら歌詞カードを追ってみたら、
「切れ目のローマ字」の意味が更に良くわかるハズです。

長々とお付き合い頂いた方、ありがとうございました。
「おい~、コレは違うやろ!?」みたいなご指摘、大歓迎です....日々精進あるのみ!
でもあんまり言われるとa.k.a"Tiny Mental"の僕が泣いてしまうかもしれないので、
お手柔らかにお願いします。

それではみなさん、また次回お会いしましょう。
あっ、ちなみに今店は僕一人なので、ちょっかいかけに来て下さい!
寂しいので....お待ちしておりまする。
おーっと、ケンジくんが来てくれました!!

それではキュルリーーーーン、アディオース!!!

コメントの投稿

非公開コメント

わかりやす~o(^▽^)o
為になりました~。
そういや僕のblogにリンク追加させてもらいました。今週末は滑りに行きたいな~。

毎度!

Skate-Tellerさん、コメントありがとう!!結構使えるネタやと思います!
まだリンクの設定とかわからんけど、僕もまたやってみるわぁ!
是非一緒に滑りたいなぁ。ハードセッション期待します(笑)

へぇ~

なるほど~


学校では習わなかったやり方かも!
(オレがちゃんと授業受けて無かったりして(>_<))


blogにリンクしときますね(^O^)/

どうもです!

タイラさんこんにちは。
コメントありがとうございます!

発音ってあんまり学校では習いませんよね!
他にも色々あるのでまた書きますね!!

リンクありがとうございます!
僕も早くリンクの貼り方覚えやなアカンです~(汗)
About me....

Taito Morimoto

Author:Taito Morimoto
I'm a Japanese professional skateboarder.
I've been working at B7 East Shop since I graduated a university.
I hope you to enjoy my blog!!

My sponsors are....
B7 East Shop,
K&K Corporation (Toy Machine Skateboards),
Sonik Distribution (Emerica Shoes),
JM (Ninja Bearings),
Oakley Japan (Oakley Eyewear)

Latest article
Category
Search
Simple exam

-家庭教師-
My entrance
Blog counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。